ソフィアウッズ・インスティテュートの公式ブログ「図書室」

健康と幸せを手に入れるホリスティック・ヘルスコーチの食事法

キクラゲジェルを使ってリンゴのパウンドケーキ

バイオ個性で食べて、心と体をつなぎ、健康と幸せを手に入れるホリスティックな食事法をコーチングする、ソフィアウッズ・インスティテュート代表 公認統合食養ヘルスコーチ(CINHC)、公認国際ヘルスコーチ(CIHC)の森ちせです。

心と体をつなぐホリスティックな食事法について、
ニュースレター登録者限定のキャンペーン情報等も配信しています。
ご登録は、こちらから
もれなく統合食養ホリスティック栄養学冊子が無料ダウンロードできます

無農薬のリンゴが手に入りましたので、早速、お菓子作りに使いました。

通常の4倍のビタミンDを含んだ自然栽培の黒キクラゲをジェルにしたものを、つなぎの代わりに使ってみました。無味無臭です。

ヴィーガン&グルテンフリーのパウンドケーキになっています。

材料:

  • リンゴ 1個(皮ごと)
  • シナモン・スティック 1/4本
  • クローブ ホール4粒くらい
  • アーモンド粉 カップ1杯
  • 玄米粉 カップ半分
  • ココナッツオイル 小さじ1杯
  • キクラゲ・ジェル 1袋
  • メープルシロップ 1/4カップ
  • ベーキングパウダー(アルミフリー) 小さじ1杯

アーモンド粉と玄米粉の量はお好きに混ぜてください。今回は、たまたま玄米粉が1/2カップ分しか残っていなかったので、上記のような割合で作ってみただけです。

なお、材料は全てオーガニックあるいは自然栽培(無農薬・無肥料)です。

作り方:

  1. リンゴはスライスして、シナモンとクローブと一緒に水を使わずに極弱火で煮ておく
  2. 残りの材料は全てボウルに入れてよく混ぜて生地にする
  3. 型に生地を少し入れて、その上に煮たリンゴを敷き、その上に生地をのせ、またリンゴを敷くを繰り返す。
  4. 200度に予熱したオーブンで20分ほど焼く

オーブンの機能などによって焼き時間は異なるので様子を見ながらにしてくださいね。

リンゴは、丸1個のリンゴを使って、これだけ残りました。全部使っても良かったと思うのですが、なんとなく(笑)。

お砂糖なんて1粒も加えていませんが、甘くって美味しい!

焼き型に詰め終わった状態はこんな感じです

焼き上がりはこんな風

甘さ控えめで美味しくて、いくらでも食べられてしまえそうなのが返って怖いです(笑)

公認ホリスティック・ヘルスコーチは、食事だけでなく、あなたを取り巻く様々なこと(環境、仕事、家族、人間関係など)を考慮して、プログラムに反映させ、あなたが、なりたいあなたになれるようコーチングを提供します。

ヘルスコーチと、一度、話をしてみませんか?

プライベート・ヘルスコーチング・プログラムについて
お気軽にご相談ください。
初回相談を無料でお受けしています。

心と体をつないで健康と幸せを手に入れる
ニュースレターのご登録は、こちらから
統合食養(ホリスティック栄養)学冊子が無料ダウンロードできます

統合食養(ホリスティック栄養)学講座の受講は、下のボタンから

ソフィアウッズ・インスティテュート – ホリスティックヘルスコーチング

Author: Chise

森智世(もりちせ) | 公認 統合食養ヘルスコーチ(Certified Integrative Nutrition Health Coach) / ソフィアウッズ・インスティテュート代表 / 米国代替医療協会(AADP) 公認ホリスティック・ヘルスコーチ / 女子栄養大学 食生活指導士 / 国際ヘルスコーチ協会 公認国際ヘルスコーチ/ 経営学修士(MBA)| ひとりひとりのバイオ個性に着目したポストモダンでホリスティックな食事法を推奨し、マインド・ボディ・コネクション(心と体のつながり)を食を通して実現します。また、私達を取り巻くすべての環境 - 人間関係、仕事などの社会環境、自然環境、体内環境(マイクロバイオーム) - を考慮するボディ・エコロジストです。長期に渡り過ごした米国やヨーロッパの情報も、判りやすく解説を入れて配信していきます。厚生労働省「健康寿命をのばそう」プロジェクトメンバー / 目黒区男女平等共同参画審議会委員 / 日経ウーマンオンライン連載コラム『ホリスティック美女講座』執筆。食事法や健康などご相談のある方やヘルスコーチングを受けてみたい方は初回コンサルテーション(無料)にお申し込みくださいね!

Comments are closed.