ソフィアウッズ・インスティテュートの公式ブログ「図書室」

バイオ個性で食べて健康と幸せを手に入れるホリスティック栄養学ヘルスコーチ

この季節の隠れたテーマ|科学に裏付けられた心と体の幸せな状態(ウェルビーイング)を高める効果的な方法

バイオ個性で食べて、心と体をつなぎ、健康と幸せを手に入れるホリスティックな食事法をコーチングする、ソフィアウッズ・インスティテュート代表 公認統合食養ヘルスコーチ(CINHC)、公認国際ヘルスコーチ(CIHC)の森ちせです。

心と体をつなぐホリスティックな食事法について、
ニュースレター登録者限定のキャンペーン情報等も配信しています。
ご登録は、こちらから
もれなく統合食養学ホリスティック栄養学冊子が無料ダウンロードできます

この季節の隠れたテーマ

これからクリスマスや年末年始があり、既にわくわくした気分で過ごしている人も多いかもしれませんね。

でも、この明るい空気感の中で、自分の居場所を見つけられず、悲しみや不安、落ち込んだ気分でこの季節を迎える人も少なくありません。毎年、自殺者が急増するのもこの季節です。

ポジティブ心理学の研究は、この季節の隠れたテーマの中に解決のヒントがあることを示しています。

それは

「感謝」

です。

「隠れた」と書きましたが、実は、多くの人が気がついていないだけで、私達の目の前に大きく書いてあるテーマでもあります。

米国では11月の第4週に「Thanksgiving(感謝祭)」があり、日本でも「勤労感謝の日」が設けられています。12月には、クリスマスにプレゼントを贈り合ったり、日本にはお歳暮という1年の感謝の気持ちを贈る慣習があります。

この季節がもたらす様々なことがらの中で「感謝の気持ちを示す」という行為に、私達の気分をあげる効果があることをポジティブ心理学の研究は証明しています。

感謝する姿勢とは

感謝する姿勢とは、今、あなたが持っているものごとに価値を見出す姿勢のことです。

感謝する姿勢とは逆の状態は、例えば、まるでそれがあなたを今よりも幸せにしてくれるかもしれないという希望から常に何か新しいものを求め続けたり、物理的で物質的なニーズが全て満たされない限り満足が得られないと感じている心の状態です。

感謝する姿勢は、あなたが受け取るもの、それが有形か無形かに関係なく、親切や恵みや慈悲に価値を見出す心の状態です。感謝することは、あなたに足りないものではなく、あなたに有るものへ再び意識を向けることに役立ちます。

感謝することは、人生にもたらされた「恵み」をあなたが認識したということです。そして、その「恵み」のいくつかは、あなた自身ではない、誰か何か他の外からもたらされているということにも気づくはずです。

つまり、感謝することによって、あなたは、自分よりも何かもっと大きな、例えば、自然や高次な力とつながっていることに気づくことになります。

感謝する姿勢に関する研究

ポジティブ心理学の研究は、感謝する姿勢をもっていることがより大きな幸福感と強く関連していることを一貫して示しています。例えば、感謝の気持ちを持つことが、次の事柄の達成の助けになることを示しています。

  • よりポジティブな心の状態
  • 経験を楽しむ
  • 健康を維持・改善する
  • 逆境に立ち向かう
  • 強固な人間関係を築く

もちろん、こうした研究で、因果関係を証明することはできません。しかし、この分野で発表された研究のほとんどが、感謝する姿勢とウェルビーイング(心と体の幸せ)の間には関連性(相関関係)があることを支持しています。

感謝を書き留めると幸福感が増す

カリフォルニア大学デービス校のロバートAエモンズ博士とマイアミ大学のマイケルEマッカロー博士のお二人の心理学者は、感謝に関する多くの研究を行っています。

そのうちのひとつの研究では、参加者を3つのグループに分け、それぞれ次の特定のテーマに沿って、数行の文を書いてもらい、10週間後の心の状態について調査しています。

  1. その週にあった感謝する事柄
  2. 日々の不快に感じたことや苛立ったこと
  3. 影響を受けた出来事(ポジティブな影響かネガティブな影響かは問わず)

10 週間後、感謝したことについて書いた人は、より楽観的で自分の人生について良い印象をもつようになったと報告しています。また、ネガティブなことについて書いていたグループと比較すると、感謝グループはより運動するようになり、病院を受診する回数が少なかったことが報告されています。

感謝を誰かに伝えると幸福感が増幅する

この分野のもう一人の主要な研究者である、ペンシルベニア大学の心理学者マーティンE.P.セリグマン博士は、411人を対象に、子供時代の思い出について作文した対照グループと比較して、様々なポジティブ心理学に沿った課題を実行したグループに起きた心の変化を調査しています。

感謝をまだちゃんと伝えていなかった親切にしてくれた人へ感謝の手紙を書いて個人的に届けるという課題を実行した週の参加者の幸福度スコアが大きく上昇したことが報告されています。そしてその効果は、他の課題を実行した時よりも大きく、1か月間も継続したことが報告されています。

ちなみにマーチン・セグリマン博士は、私が公認ヘルスコーチの資格を取得したニューヨークの学校(IIN)の講師のおひとりです。今年(2022年)、オンラインで行われたウェルビーイングについてのセミナーについては『マーティン・セグリマン博士の講義を受講』をご参照ください。

その他の研究では、感謝する姿勢が人間関係を改善することが調べられています。

感謝を伝えるとパートナーとの関係が改善する

例えば、カップルを対象とした調査では、パートナーに感謝の気持ちを伝えるようにすると、パートナーに対してよりポジティブな感情をもつようになり、お互いの関係について心配や不安に感じることについても、相手に素直に伝えられるようになることが示されました。

感謝を伝えると部下のやる気があがる

また、部下に「ありがとう」と必ず言うマネージャーの部下は、高いやる気を起こすことが示されました。

ペンシルベニア大学ウォートンスクールの研究者は、大学への寄付を募集する担当の部員を無作為に2つのグループに分け、ひとつのグループには、これまでと同じ方法で寄付を募る電話を同窓生にしてもらい、もうひとつのグループには、寄付担当ディレクターから「皆さんの努力に感謝している」と、励ましの言葉を言ってもらいました。ディレクターから感謝の言葉を受けたグループは、そうでないグループと比較して、寄付を募る電話を約50%も多くかけたことが報告されています。

感謝することに効果がなかったケース

感謝に関する研究からは、肯定的な結果が得られるのが一般的ですが、その中にも例外はあります。

ある調査では、「ありがとう日記」をつけている離婚経験のある中年期の女性は、日記をつけていない女性と同程度くらいにしか、生活に満足を感じないことが示されました。

また、自分の人生に変化をもたらした人に感謝の手紙を書いて届けた10代の子供と若者では、相手を幸せな気分にさせたものの、自分自身のウェルビーイングは改善しなかったことが報告されています。

この発見は、感謝する姿勢は、心の成熟に沿って獲得する資質であることを示唆していると研究者は述べています。

感謝の姿勢を育む方法

人は様々に恵みを感じ、様々な方法で感謝を表現します。

感謝する姿勢が、生まれながらのものなのか、単なる現時点での気持ちなのかに関係なく、感謝する気持ちは、育てていくことができる資質です。

最初はぎこちなく感じるかもしれませんが、感謝する姿勢は、実行と実践を繰り返すことによって大きく成長させることができます。

ハーバード大学が勧める感謝する姿勢を育む方法をいくつかご紹介します。

お礼状/ありがとうメモを書く

その人があなたに与えてくれたもの・ことを楽しんだり、感謝していることをお礼状やメールで伝えることで、あなた自身が幸せな気分になるだけでなく、その人との関係を育むことができます。

ありがとうの手紙やメモを郵送したり、送信するなど伝える方法には様々ありますが、より好ましい方法は手渡しです。目の前で読みあげるのが最も効果的です。月に少なくとも1 通のありがとうの手紙を送る習慣をつけましょう。

そして、たまに自分宛にも書いてみましょう

心の中で感謝する

書いている時間なんてありませんか?それなら、あなたのために何か良いことをしてくれた人のことを思い、その人に心の中で感謝してください。

心の中で感謝するだけでも感謝する姿勢を育む効果はあるはずです。

「ありがとう日記」をつける

毎日、その日あなたが受け取った恵みについて書き留めたり、家族/パートナー等と報告し合うことを習慣にしましょう。

この「ありがとう日記」は、私自身が実践して効果を実感しているので、ソフィアウッズ・インスティテュートの講座の中でも、プライベート・ヘルスコーチング・プログラムのクライアントさん達にもお勧めしている方法です。

「恵み」を数える

曜日を決めて、あなたが受けた、または、もっている「恵み」について、例えば、上手くいったことや感謝したことについて、振り返り書き出していきましょう。書き出す数を決める、例えば3つとか5つとか決めると、書き出しやすくなるかもしれません。

書いている時には、「恵み」を受けた時に感じた心の状態なども思い出しながら具体的に書いてください。

私は毎年年末にその年にあった「恵み」を数えています。昨年までの私の「恵み」にご興味のある人は『一年の振り返り』をご確認ください。

祈る

信仰をもっている人は、祈りによって感謝の心を育むことができます。

瞑想する

マインドフルネス瞑想は、考えることなく今この瞬間に意識を集中させるものです。

例えば、「平和」などの単語やフレーズに意識を集中させる人も多いですが、「感謝するものごと」、例えば、陽の暖かさや心地よい音などに意識を集中させてみましょう。

瞑想については『あなたに合った瞑想法の見つけ方』も参考になりますよ。

ソフィアウッズ・インスティテュートからのご提案

感謝をシェアするテンプレート

ソフィアウッズ・インスティテュートはこんなテンプレートを作ってみました。

勤労感謝の日に合わせて、感謝の気持ちを楽しく伝えてみませんか?

フェイスブックやインスタにアカウントをもっている人は、このテンプレートを使って、今日、感謝することをシェアしてください。

ダウンロードはご自由に!

使っていただけたら嬉しいです。

プライベート・ヘルスコーチング・プログラム

公認ホリスティック・ヘルスコーチは、食事だけでなく、あなたを取り巻く様々なこと(環境、仕事、家族、人間関係など)を考慮して、プログラムに反映させ、あなたが、なりたいあなたになれるようコーチングを提供します。

ヘルスコーチと、一度、話をしてみませんか?

プライベート・ヘルスコーチング・プログラムについて
お気軽にご相談ください。
初回相談を無料でお受けしています。

マインド・ボディ・メディシン講座

あるいは、ソフィアウッズ・インスティテュートのマインド・ボディ・メディシン講座セルフドクターコースで学びませんか?セルフドクターコースでは、あなたが食を通してご自身の主治医(セルフドクター)になるために、必要な知識とスキルを教えています。

新学期は、毎年3月と9月です。講座でお会いしましょう。

心と体をつないで健康と幸せを手に入れる
ニュースレターのご登録は、こちらから
統合食養学(ホリスティック栄養学)冊子が無料ダウンロードできます

参考文献:

ソフィアウッズ・インスティテュート – ホリスティックヘルスコーチング

Author: Chise

森智世(もりちせ) | 公認 統合食養ヘルスコーチ(Certified Integrative Nutrition Health Coach) / ソフィアウッズ・インスティテュート代表 / 米国代替医療協会(AADP) 公認ホリスティック・ヘルスコーチ / 女子栄養大学 食生活指導士 / 国際ヘルスコーチ協会 公認国際ヘルスコーチ/ 経営学修士(MBA)| ひとりひとりのバイオ個性に着目したポストモダンでホリスティックな食事法を推奨し、マインド・ボディ・コネクション(心と体のつながり)を食を通して実現します。また、私達を取り巻くすべての環境 - 人間関係、仕事などの社会環境、自然環境、体内環境(マイクロバイオーム) - を考慮するボディ・エコロジストです。長期に渡り過ごした米国やヨーロッパの情報も、判りやすく解説を入れて配信していきます。厚生労働省「健康寿命をのばそう」プロジェクトメンバー / 目黒区男女平等共同参画審議会委員 / 日経ウーマンオンライン連載コラム『ホリスティック美女講座』執筆。食事法や健康などご相談のある方やヘルスコーチングを受けてみたい方は初回コンサルテーション(無料)にお申し込みくださいね!

Comments are closed.