絶え間なく生じる不安やストレスの種に負けない毎日のためのナチュラルレメディ

バイオ個性で食べて、心と体をつなぎ、健康と幸せを手に入れるホリスティックな食事法をコーチングする、ソフィアウッズ・インスティテュート代表 公認統合食養ヘルスコーチ(CINHC)、公認国際ヘルスコーチ(CIHC)の森ちせです。

心と体をつなぐホリスティックな食事法について、
ニュースレター登録者限定のキャンペーン情報等も配信しています。
ご登録は、こちらから
もれなく統合食養学ホリスティック栄養学冊子が無料ダウンロードできます

不安やストレスに終わりはない

コロナウイルスによるパンデミックがひと段落したかと思えば、地球は沸騰し、各地で紛争が続き、加えて、私たちひとりひとりが抱えているストレスや不安。そんなことが毎日続くと、なんとなく気持ちが落ち着かなくなったり、些細なことにイライラしてしまったりします。

そんな時、お薬やお酒に頼ることなく、心の平穏を取り戻すナチュラルな方法があります。

統合食養学のヘルスコーチとして、心の安定をもたらす食事とライフスタイルを普段の生活の中に組み入れることを提案したいと思います。

自然がくれる贈り物を活用して、ライフスタイルを少し変えるだけで、あなたの心に静けさが戻り、外側の雑音ではなく、ご自分の内側の声に集中できるようになります。

ハーブやスパイスの活用

お料理やお茶に用いるハーブやスパイスの多くは、欧米の多くの国の薬局方に掲載されている薬草です。日本の薬局方にも掲載されているものも多いんですよ。

それにハーブとスパイスの使い方は、漢方薬の生薬と同じです。

  • お茶にして飲む
  • 粉末にして飲む
  • お料理に使う

また、漢方の生薬ではあまり見かけませんが、欧米のハーブやスパイスは次の形態でも購入できるものが多いです。

  • エッセンシャルオイル(精油)・・・香をかぐだけでなく、お料理やスキンケアに使用できます
  • エクストラクト(抽出液)・・・お料理に用いるだけでなく、そのまま飲用できます

サプリメントとして錠剤になっているものも多くあります。でも、ヘルスコーチとしては、錠剤で摂るよりも、お茶やお料理に加えるなど生活の一部にすることをお勧めします。

ストレスと不安を緩和するハーブ

次のハーブが不安やストレスを和らげてくれると考えられています。以前詳しい機能について執筆した記事があるものは、リンクを貼っていますので、ご確認ください。

  • ラベンダー
  • カモミール
  • パッションフラワー
  • レモンバーム
  • バレリアンの根・・・煮だしてお茶として飲みます。就寝の30分~1時間くらい前に飲むと効果的です。
  • アシュワガンダ・・・甲状腺ホルモンの合成を促すことが報告されているアーユルヴェーダ(インド伝統医療)の生薬です。体にストレス耐性を作ると言われています。
  • イワベンケイ・・・高山植物で漢方薬の生薬としてもちいられてきた植物です。ストレス耐性を高めて、頭をクリアにする作用があると言われています。ただし、多く摂取しすぎると、興奮して不眠になったり、頭痛が起きることがあるので、急に大量に摂るのではなく、少しずつ様子をみながら取り入れることをお勧めします。

ココア

ココアには、心を落ち着かせる作用があるマグネシウムが多く含まれています。

マグネシウムの詳しい機能については『マグネシウム』をご確認ください。

ストレスと不安を緩和するライフスタイル

そして、次のライフスタイルを生活の中に組み入れることを検討してみてください。

ニュースを観る時間を減らす

ネガティブなニュースに過度にさらされ続けると、気分が落ち込み、ストレスや不安が高まることがあります。

もし紛争や災害などのニュースによって、心が大きく乱されるのなら、情報のキャッチアップに必要な時間や媒体を決め、ネガティブなニュースにふれる機会を一旦制限することも、必要かもしれません。

SNSをお休みする

SNSの閲覧によって、心が落ち着きを失うのであれば、SNSを見る時間を減らし、SNSへの露出を最小限に抑えることをお勧めします。

その代わりに、本を読んだり、楽器を演奏したり、何か新しい趣味を始めたり、ボランティアに参加したり、あなたの気分を高めることに時間を使ってください。

エプソムソルトをお風呂に入れる

エプソムソルトの主成分は、マグネシウムです。

マグネシウムは経皮吸収されるので、エプソムソルトをお風呂に入れて、ゆっくりとお風呂につかることで、リラックスして心が落ち着くことでしょう。

エプソムソルトの詳しい機能と使い方については『エプソムソルト』をご確認ください。

マインドフルネス瞑想

マインドフルネスを実践してみましょう。

やり方が分からないのなら、マインドフルネス瞑想を教えてくれるお教室へ通ってみるのも良いかもしれません。気持ちを現在に戻し、将来に対する不安を軽減してくれます。

ただ、マインドフルネスは、瞑想からしか得られないわけではありません。日常の様々な場面でマインドフルに過ごすことを意識することが効果的です。

日常の中にマインドフルネスを取り入れる方法については『瞑想だけがマインドフルネスじゃない』をご参照ください。

定期的な運動

運動による刺激によって、筋肉からも骨からも、ストレスを解消してくれるホルモンが分泌されていることが明らかにされています。

気分が落ち込んだ時や不安な時は、あえて、体を動かしてみると良いですね。

大切な人たちとつながる

あなたの親、子供、友人など、あなたにとって大切な人たちと連絡を取りましょう。あなたのことを大切に思ってくれている人たちの声を聴き、話をするだけで安心感が生まれます。

大切な人たちとのつながりは、あなたの精神的なサポートとなります。

LINEやメールによる文字でのコミュニケーションはなく、電話/通話による声を聴く、話をすることが必要なんです。

バランスの取れた食事

あなたの体と心のストレス耐性を高めるためには、自然食品をバランス良く食べることが不可欠です。そして、体内炎症を起こすような、肉食に偏った食事や白砂糖や食品添加物を大量に用いた加工食品を避けましょう

お酒や薬に効果があると感じるかもしれません。でも、その効果は一時的です。だから、飲み続けなければならないのです。そして、薬とお酒のどちらも肝臓にとって良いことはひとつもありません。肝臓にとって良くないということは、あなたの体全体にとって良くない結果を招くということです。

私たちは食べたものでできています。あなたのストレス耐性を作るのも壊すのも、あなたが食べたものです。

落ち込みにくい心を作る食事を含めた方法については『落ち込みにくい心』をご参照くださいね。

ソフィアウッズ・インスティテュートからのアドバイス

生きていれば、不安の種やストレスの種が絶えることはありません。

あなたが気をつけていても、地球上では何十億もの人が共同生活を送っていますから、どこかで誰かが次から次へと不安やストレスの種をまきます。

その度に、心が波立ち、睡眠が削られ、イライラしたり、不安になったりしていたら、それだけで疲れてしまいます。誰かが起こした問題で、あなたが疲れ切ってしまうなんて、なんて不条理なことでしょう。

誰かが起こした問題にあなたの心が振り回されることが無いよう、体を壊すことが無いよう、ナチュラルな方法で上手に共存していけるといいですね。

また、ストレス耐性を作る食事とライフスタイルについて、セルフドクターコースで詳しく教えています。あなたもソフィアウッズ・インスティテュートのマインド・ボディ・メディシン講座セルフドクターコースで学びませんか?

セルフドクターコースでは、あなたが食を通してご自身の主治医(セルフドクター)になるために、必要な知識とスキルを教えています。

新学期は、毎年3月と9月です。講座でお会いしましょう。

あるいは、ヘルスコーチと、一度、話をしてみませんか?

公認ホリスティック・ヘルスコーチは、食事だけでなく、あなたを取り巻く様々なこと(環境、仕事、家族、人間関係など)を考慮して、プログラムに反映させ、あなたが、なりたいあなたになれるようコーチングを提供します。

プライベート・ヘルスコーチング・プログラムについて
お気軽にご相談ください。
初回相談を無料でお受けしています。

心と体をつないで健康と幸せを手に入れる
ニュースレターのご登録は、こちらから
統合食養学(ホリスティック栄養学)冊子が無料ダウンロードできます

ソフィアウッズ・インスティテュート – ホリスティックヘルスコーチング