ソフィアウッズ・インスティテュートの公式ブログ「図書室」

健康と幸せを手に入れるホリスティック・ヘルスコーチの食事法

この症状は新型コロナウイルス?風邪?インフルエンザ?アレルギー?(情報更新しました)

バイオ個性で食べて、心と体をつなぎ、健康と幸せを手に入れるホリスティックな食事法をコーチングする、ソフィアウッズ・インスティテュート代表 公認統合食養ヘルスコーチ(CINHC)、公認国際ヘルスコーチ(CIHC)の森ちせです。

心と体をつなぐホリスティックな食事法について、
ニュースレター登録者限定のキャンペーン情報等も配信しています。
ご登録は、こちらから
もれなく統合食養ホリスティック栄養学冊子が無料ダウンロードできます

2020年より前なら、喉が少しぐらいイガイガしても、ちょっとくらい息切れがしても、心配になることなんてなかったはずです。でも全てが変わってしまいました。

今はほんの少しの呼吸器の違和感でも、「もしやコロナ?」という不安が脳裏をよぎります。

「症状の多くが共通しています。私のような内科医にとってもある人がコロナウイルスに感染しているのかインフルエンザなのかを見ただけで判断するのは困難です。」

と、ハーバード・グローバル・ヘルス・インスティテュートの前の院長で、現在は、ブラウン大学公衆衛生学の学長を務めるアシシュ・ジャー(Ashish Jha)医師はおっしゃっています。

コロナウイルス感染なのか、そうではないのか、見分けることはできるのでしょうか?

10月20日にハーバード大学からのヘルスレターの内容を皆さんにご紹介したのですが、その後、南カリフォルニア大学が日本の研究所と共同でデータ解析した結果が公表されていることに気づきました。

そこで、ハーバード大学からのヘルスレターの内容に新情報を追加してご案内します。

(最後に元のレターへのリンクと新に追加した研究論文を参考文献として掲載しています)

新型コロナウイルス感染症

新型コロナウイルス感染症は、非常に感染力の高いSARS-CoV-2と呼ばれるコロナウイルスの一種によって呼吸器に起こる病気です。一般的な風邪菌の従兄弟ですが、その症状は、非常に重篤化する可能性があるものです。入院の必要が生じたり、後遺症が残ったり、死に至ることもあります。

主な症状|味覚と嗅覚の喪失(鼻づまりはない)、発熱、咳、息切れ、筋肉痛

その他の症状|喉の腫れ、下痢、鼻づまり、鼻水、寒気、悪寒、頭痛、疲労、食欲不振

注意:無症状感染者が存在します。

新しく追加された研究によれば、コロナウイルス系(新型、SARS、MARS)の感染に特徴的な初期症状は、発熱だということです。

発熱から始まった風邪の症状は、新型コロナウイルスである可能性が高いとのことです。

また、新型とSARS、MARSとの区別は、新型コロナウイルスは胃に影響し、吐き気や嘔吐が先に起こり、SARSとMARSは腸に影響し先に下痢が起こるのだそうです。

インフルエンザ

インフルエンザA、B、Cウイルスによって呼吸器に起こる感染力の高い感染症です。秋から冬(10月から3月)にかけて感染者が増えますが、1年中存在しているウイルスです

主な症状|発熱、筋肉痛、

その他の症状|喉の腫れ、下痢、鼻づまり、鼻水、寒気、悪寒、頭痛、疲労、食欲不振

コロナウイルス感染症との違い|インフルエンザで息切れ(呼吸困難)が起こることはめったにありません。

新たな研究によれば、インフルエンザとコロナウイルス系の顕著な違いは、インフルエンザの初期症状はなのだそうです。咳から始まった風邪の症状の場合、インフルエンザである可能性が高いとのことです。

風邪

風邪は、数百もの異なるウイルスによって起こる上気道への感染症です。通常、症状は軽く、1週間ほどで治ります。

主な症状|鼻づまり、鼻水、咳、喉の腫れ

その他の症状|発熱、筋肉痛、疲労

コロナウイルス感染症との違い|風邪で、息切れ、筋肉痛、寒気、食欲不振、高熱が起こることはありません。

季節性アレルギー

季節性のアレルギーはウイルスによっては起こりません。免疫システムがヒト由来ではない無害な物質、例えば花粉、に対して、まるで有害物質であるかのように反応してしまうことで起こります。アレルギーは、大抵、季節性のため、数週間から数か月続きます。(秋から冬にかけてのアレルゲンの多くはカビです)

主な症状|鼻水、目のかゆみ、くしゃみ、鼻づまり

その他の症状|鼻づまりによる嗅覚の喪失

コロナウイルス感染症との違い|アレルギーは、発熱、咳、息切れ、筋肉痛、寒気、疲労、食欲不振は起こしません。

喘息

喘息は、気道の炎症によって起こる慢性肺疾患です。気道が狭くなり、呼吸が苦しくなることで、新型コロナウイルス感染症と間違われることがあります。喘息は、風邪やインフルエンザによっても起こりますが、異なる疾患です。

主な症状|ヒューヒューという呼吸音、息苦しい、胸の締め付け感、咳が止まらない

その他の症状|急激な息切れ、胸の締め付け、心拍の上昇、発汗、唇や爪が青くなる

コロナウイルス感染症との違い|喘息で、発熱、筋肉痛、喉の腫れ、下痢、鼻づまり、味覚や嗅覚の喪失、鼻水、寒気、悪寒、頭痛、疲労、食欲不振は起きません。

私達は何をすべきか

平気なふりをしてはいけません。

もしコロナウイルスに感染したかもしれない心当たりがあり、また、心配な症状なら保健所や指定の病院に電話して、症状について相談してください。

気分が悪くなった時に直ぐに何の病気か決めつけるのではなく、今までの季節性疾患の症状とコロナウイルス感染症特有の症状との違いをちゃんと知って、適切に行動することが大切です。

と、のことでした。

日本では、今のところ、今年は例年に比べて、インフルエンザで病院を受診している人が少ないそうです。それはきっと皆が、例年以上に手洗いうがいをしているからかもしれませんし、単に病院に行くのが怖いからなのかもしれませんね。

今回の情報がこれからの季節を安心して過ごす参考になれば幸いです。

こちらもご参考まで『エディブルレメディ(食べられる薬)で風邪のひき始めの咳を鎮める8つの方法

新型コロナウイルス後の新しい日常に統合食養学(ホリスティック栄養学)が果たす役割

公認ホリスティック・ヘルスコーチは、食事だけでなく、あなたを取り巻く様々なこと(環境、仕事、家族、人間関係など)を考慮して、プログラムに反映させ、あなたが、なりたいあなたになれるようコーチングを提供します。

ヘルスコーチと、一度、話をしてみませんか?

プライベート・ヘルスコーチング・プログラムについて
お気軽にご相談ください。
初回相談を無料でお受けしています。

心と体をつないで健康と幸せを手に入れる
ニュースレターのご登録は、こちらから
統合食養(ホリスティック栄養)学冊子が無料ダウンロードできます

統合食養(ホリスティック栄養)学講座の受講は、下のボタンから

ソフィアウッズ・インスティテュート – ホリスティックヘルスコーチング

参考文献:

Author: Chise

森智世(もりちせ) | 公認 統合食養ヘルスコーチ(Certified Integrative Nutrition Health Coach) / ソフィアウッズ・インスティテュート代表 / 米国代替医療協会(AADP) 公認ホリスティック・ヘルスコーチ / 女子栄養大学 食生活指導士 / 国際ヘルスコーチ協会 公認国際ヘルスコーチ/ 経営学修士(MBA)| ひとりひとりのバイオ個性に着目したポストモダンでホリスティックな食事法を推奨し、マインド・ボディ・コネクション(心と体のつながり)を食を通して実現します。また、私達を取り巻くすべての環境 - 人間関係、仕事などの社会環境、自然環境、体内環境(マイクロバイオーム) - を考慮するボディ・エコロジストです。長期に渡り過ごした米国やヨーロッパの情報も、判りやすく解説を入れて配信していきます。厚生労働省「健康寿命をのばそう」プロジェクトメンバー / 目黒区男女平等共同参画審議会委員 / 日経ウーマンオンライン連載コラム『ホリスティック美女講座』執筆。食事法や健康などご相談のある方やヘルスコーチングを受けてみたい方は初回コンサルテーション(無料)にお申し込みくださいね!

Comments are closed.