ソフィアウッズ・インスティテュートの公式ブログ「図書室」

バイオ個性で食べて健康と幸せを手に入れるホリスティック栄養学ヘルスコーチ

運動があなたの心と体を蝕んでいるサイン|あなたは大丈夫?

DF181_L

バイオ個性で食べて、心と体をつなぎ、健康と幸せを手に入れるホリスティックな食事法をコーチングする、ソフィアウッズ・インスティテュート代表 公認統合食養ヘルスコーチ(CINHC)、公認国際ヘルスコーチ(CIHC)の森ちせです。

心と体をつなぐホリスティックな食事法について、
ニュースレター登録者限定のキャンペーン情報等も配信しています。
ご登録は、こちらから
もれなく統合食養ホリスティック栄養学冊子が無料ダウンロードできます

適度な運動が、体だけでなく心にも良い効果をもつことは、世界的な常識になりました。年齢と共に、健やかな人生を生きる、サクセスフル・エイジングにとって、運動は特に、欠かせないものです。

でも、運動のやり方を誤ると、返って健康を害してしまう要因になります。

せっかく体や心のために行っている運動が、返って、あなたの体や心を蝕んでいるかもしれないサインを紹介します。こうしたサインを無視することなく、運動による影響を正しく理解した上で、運動を生活の一部に取入れてくださいね。

1.運動のし過ぎは虫歯を作る

持久系のアスリート達は、全てにおいて引き締まって健康であるように見えます。

でも、トライアスロンの競技者を調べたところ、運動をしない人と比較して、虫歯口腔内の病気をもっている確率が非常に高かったと報告されています。

2014年、権威ある『Scandinavian Journal of Medicine in Science and Sports(スカンジナビア・ジャーナル・オブ・サイエンス&スポーツ)』でコーネリア・フレッセ(Cornelia Frese)歯科医学博士等は、

極端な持久力トレーニングによって起こる生理学的変化が、
唾液の性質を変容させ、
結果として、歯と歯茎に有害な変化を起こす

と、報告しています。

運動中の歯と口腔内を健康に保つには

一流アスリートと同等のトレーニングをしなくても、運動の途中で適切に水分補給をすることは、脱水を予防するだけでなく、口の中を健康に保つためにも必要なことだと、この報告書は述べています。

もしあなたが、トライアスロンやマラソンを行うアスリート(アマチュアもプロも)で、虫歯が多かったり、歯茎に問題があるようなら、是非、トレーニングのあり方を見直してみてください。

2.不健康なライフスタイルの言い訳として運動をしている

定期的に運動をする習慣のある人の多くは、
アルコールを大量に飲む習慣のある人だ

と、いう逆説的な事実がかなり前から報告されていて、この現象については、多くの心理学的な研究がなされています。

非常にヘビーな運動をする人達は、

  • それだけ運動をしているのだから、大量に飲んだり食べたりしても良いだろう
  • それだけ運動をしているのだから、大量に食べた方がいい

と、感じている傾向が高く、また逆に

  • 大量に飲んだり食べたりするので、負荷の高い運動をする必要がある

と、感じている傾向が高いようです。

過ぎたるは及ばざるがごとし

運動のし過ぎも暴飲暴食も、両方とも健康的な行為ではありません。

英語の諺に『Two wrongs don’t make a right(2つの悪を併せても1つの正義にはならない)』というものがありますが、まさしくその通りです。

暴飲暴食という悪と、運動のし過ぎという悪を併せても健康という善にはなり得ません。

3.繰り返し運動は重大なケガの原因となる

体からのメッセージに意識を向けないまま運動をすると、特に、関節へ大きなストレスを課すことになり、関節の過労によって、重大なケガや故障を起こす可能性を高めてしまいます。

例えば、テニス・プレーヤーは、外側上顆炎(腕の下側の筋肉の酷使から生じる肘の外側の腱の炎症、テニス肘)になりやすく、ランナーは、足底筋膜炎や膝蓋大腿部痛症候群(ランナー膝)になりやすいことはよく知られています。

特定の運動に関連して繰り返される動きは、その運動の継続を難しくするだけでなく、日常的な動作も困難になるくらい関節に負担を与えてしまうことがあります。

繰り返しの動作によるケガや障害を避けるには

  • 痛みが慢性的になる前に、その痛みに注意を向けるようにしてください。そして、
  • 適切な休息と共に、
  • 経験豊富なスポーツ専門ドクターで定期的な診断を受け、
  • 動作に偏りがないよう様々なトレーニングを取入れるようにしてください。

4.運動することに執着している

運動することに執着してしまう人がいます。それは、運動への強迫性神経症の様なものです。

強迫性神経症と言えば、摂食障害もそのひとつですが、実は、運動することに執着している人は、そうでない人と比べて、摂食障害を起こす危険性が高いことが、2013年、オランダの研究者Elzbieta Kostrzwea博士によって報告されています。

その報告書によれば、週に5時間以上運動をする女性は、運動をしない女性と比べて2.5倍も摂食障害を起こしやすいとのことです。

摂食障害を起こしている可能性

もしあなたが、週に5時間以上運動をしないといけないように感じているとしたら、ご自身の食事習慣を改めて客観的に振り返ってみてください。

  • スムージーだけで過ごす食事がある
  • タンパク質は食事ではなくプロテイン・シェイクで済ませている

ようなことがあるようなら、摂食障害の入り口にいるか、既に、摂食障害を起こしている可能性があります。

公認ヘルスコーチ、あるいは心療内科に相談してください。

5.持久系のアスリートは、心疾患を起こしやすい

運動をすることで、心疾患リスクが低減できると言われてきました。確かにそれは嘘ではありません。

しかし、長期間に渡って持久系の運動を続けているアスリートを対象とした研究では、正常な心拍リズムで血液を送り出す心筋に異常を起こすリスクを上昇させる変化があったことが報告されています。

この研究対象となったアスリート達は、週末だけジョギングを楽しむような人達ではありません。高度に訓練されたマラソン選手達です。

持久力を高める運動は、健康メリットが期待できると一般的には言えるでしょう。

でも、突然死に関するリスクとの関連性については、重要な懸念事項と考えられています。

心疾患リスクを回避するには

週末ジョギングする程度の一般的なランナーは、それほど心配しなくても良いと思います。

でも、もしあなたが、フルマラソンハーフマラソントライアスロンなどに定期的に参加しているとしたら、循環器系に詳しい専門医で検査していただくことをおススメします。

6.運動をすると睡眠の質が落ちる

睡眠の専門家は、就寝の前に運動しない方が良いと言います。

運動によってアドレナリンが分泌されてしまうので、目がさえてしまい眠れなくなってしまうからです。一方で昼間の運動は、良い睡眠をもたらすと今まで言われてきました。

でも、若者を対象とした新しい研究は、昼間に運動をした日の夜はよく眠れないと報告しています。

ランニングマシーンで激しい運動をした参加者は、まったく運動をしていない人と比較し、その夜、REM睡眠(深い睡眠)時間が少なく、睡眠が浅くなったということです。

運動は、睡眠欲求を高めることはなく、ただ睡眠の質を低下させる

と、報告しています。

運動をした日の望ましい睡眠の方法

運動をした日の夜は、熟睡することは希で、睡眠が浅くなる傾向にあります。

睡眠が浅くなり質が低下する分、いつもよりも長い睡眠時間を確保することが大切となります。

体の筋肉組織は睡眠中に修復・再生されるので、運動による健康メリットを得るためには、睡眠の質の低下を補うに十分な睡眠の長さを確保することが重要になります。

7.運動しないことに罪悪感を抱いている

運動への執着の裏側には、運動をしないことへの罪悪感があります。

とてもアクティブに運動をしていた人が、運動を止めてしまった後、運動をしていないことに罪悪感を抱き、セルフエスティーム(自己肯定感、自尊感情)が低くなることが多いそうです。

カナダの心理学者パーミンダー・フローラ博士は、若い女性の「運動アイデンティティ(自己認識)」について調査しています。

「私は何者か」という自己定義の一部として
定期的な運動をとらえている女性、
つまり「活発に運動している私に価値がある」と
いう自意識を持っている人は、
運動を止めることで、自分に対するネガティブな感情に晒されやすい

と、報告しています。

もちろん、自分自身をアクティブでエネルギッシュな存在に感じることは悪いことではありません。でも、それがあなたの価値を定義する上で不可欠なものになってしまうのは健全とは言えません。

望ましい運動と心の距離

「運動をしている私は素敵だけれども、運動だけが私の価値ではない」

と、思えることが大切です。

「運動」はあくまでもあなたの価値を高めるためのものです。

あなたの価値そのものではありません。あなたは運動がなくても価値がある存在です。

運動は心と体の健康にとって良いものだけど万能ではない

  • 運動も食事も誤った摂り方をすれば心と体を壊します。
  • 運動のし過ぎは、食べ過ぎと同じくらい不健康です。
  • 同じ食品ばかりを食べていたら栄養バランスを崩し栄養失調になるのと同じで、同じ運動・動作ばかりを繰り返していたら体のバランスを崩します。
  • 食品の中にも睡眠の質を悪化させるものがあります。
  • ある食事のルールや食事法に従うことに執着するのはオーソレキシア(参考『正しい食事法を厳格に守っているあなた、オーソレキシアではありませんか?』)という摂食障害です。運動も同じです。強迫性神経症です。

体の声に耳を傾けながら、食事と適切な関係を築くのと同じ様に運動と健全な関係を築くことが大切です。

公認ホリスティック・ヘルスコーチは、食事だけでなく、あなたを取り巻く様々なこと(環境、仕事、家族、人間関係など)を考慮して、プログラムに反映させ、あなたが、なりたいあなたになれるようコーチングを提供します。

ヘルスコーチと、一度、話をしてみませんか?

プライベート・ヘルスコーチング・プログラムについて
お気軽にご相談ください。
初回相談を無料でお受けしています。

心と体をつないで健康と幸せを手に入れる
ニュースレターのご登録は、こちらから
統合食養(ホリスティック栄養)学冊子が無料ダウンロードできます

統合食養(ホリスティック栄養)学講座の受講は、下のボタンから

ソフィアウッズ・インスティテュート – ホリスティックヘルスコーチング

参考:

参考文献:

Author: Chise

森智世(もりちせ) | 公認 統合食養ヘルスコーチ(Certified Integrative Nutrition Health Coach) / ソフィアウッズ・インスティテュート代表 / 米国代替医療協会(AADP) 公認ホリスティック・ヘルスコーチ / 女子栄養大学 食生活指導士 / 国際ヘルスコーチ協会 公認国際ヘルスコーチ/ 経営学修士(MBA)| ひとりひとりのバイオ個性に着目したポストモダンでホリスティックな食事法を推奨し、マインド・ボディ・コネクション(心と体のつながり)を食を通して実現します。また、私達を取り巻くすべての環境 - 人間関係、仕事などの社会環境、自然環境、体内環境(マイクロバイオーム) - を考慮するボディ・エコロジストです。長期に渡り過ごした米国やヨーロッパの情報も、判りやすく解説を入れて配信していきます。厚生労働省「健康寿命をのばそう」プロジェクトメンバー / 目黒区男女平等共同参画審議会委員 / 日経ウーマンオンライン連載コラム『ホリスティック美女講座』執筆。食事法や健康などご相談のある方やヘルスコーチングを受けてみたい方は初回コンサルテーション(無料)にお申し込みくださいね!

Comments are closed.