食で心と体をつなぐ – ホリスティック・ヘルスコーチング の ソフィアウッズ・インスティテュート

あなたのバイオ個性に着目するNYC発ポストモダンな食事法

免疫力をアップさせ風邪に効く精油と使い方

素敵な香りを楽しみながら、風邪インフルエンザ気管支炎などを予防できたら最高ですよね。

市販の薬に頼ることなく、できるだけ、ナチュラルな方法予防したいという方におススメなのが、アロマ精油です。

でも、精油で風邪予防だなんて、胡散臭いと思っている人も少なくありませんよね。fffffffff

精油は、単に香りの良い油なのではなく、非常に強力な治癒力をもっているんですよ。

皆さん、漢方薬の効果については、疑いませんよね?
漢方薬は、元来、草木等を乾燥させたもので、粉末にして少量を服用したり、煎じてお茶にして飲んだりしますよね?

特に、煎じて飲むと効果が高くなると言われています。
煎じることで、草木の中に含まれている薬効成分がお湯に溶けだして、体が吸収しやすくなるからです。

実は、その薬効成分は、精油にもそのまま含まれています。

そのため本物のメディカル精油(医療効果が認められた精油)は、1-2滴でも効きすぎて危険になることがあるくらいです。(だから漢方は、煎じてお湯で薄めてから飲む)

精油を使ったアロマセラピーは、単に素敵な香で心を落ち着かせるというようなものだけではなく、科学、代替医療なんですよ。

様々な精油に免疫力向上の効果があることが解ってきています。

今回は、季節がら、免疫力をアップする精油と、その使い方をご紹介します。

免疫力アップの精油

tea-treeティーツゥリー

使用目的:

免疫力アップ

効能:

  • 抗菌・殺菌
  • 抗ウィルス
  • 鼻づまり解消(鼻の充血緩和)
  • 去痰

frankincenseフランキンセンス

使用目的:

  • 免疫力アップ
  • 不安の解消(心の鎮静)
  • 悲しみの軽減

効能:

  • 抗菌・殺菌
  • 去痰
  • 咳止め

メディカル精油 – 東方の三賢人からの贈り物

eucalyptusユーカリプタス・グロブラス

使用目的:

  • 風邪・インフルエンザ・咳・気管支炎の治癒
  • 痰の解消
  • 無気力の解消

効能:

  • 去痰
  • 鼻づまり解消(鼻の充血緩和)
  • 抗ウィルス
  • 咳止め

注意: ユーカリプタス・グロブラスとペパーミントは子供に使用しないように

pineスコッツ・パイン(欧州赤松)

使用目的:

  • 呼吸を深くする
  • 肺を開く

効能:

  • 抗ウィルス
  • 抗菌・殺菌
  • 去痰
  • 鼻づまり解消(鼻の充血緩和)

helcryヘリクリサム (別名 “イモーテル”)

使用目的:

  • 鼻炎・耳炎・気管支炎・肺うっ血の治癒
  • 悲しみの解消

効能:

鼻づまり解消(鼻の充血緩和)

rosemaryローズマリー

使用目的:

  • 風邪・副鼻腔炎・鼻炎・気管支炎の治癒
  • 呼吸を楽にし、深い呼吸を可能にする

効能:

去痰

若返りのハーブ – ローズマリーのホリスティック効果

風邪に効く、その他の精油

オレガノ: 喉の痛みにグラス1杯の水に1-2滴落として飲む、または、うがい(ひどい時は5-6滴)

クローブ: 咳、気管支炎、喘息に、うがい薬として、グラス1杯の水に4-5滴

ペパーミント: 解熱または頭痛の緩和に、2-3滴を足の裏か首の後ろに塗る

ジュニパーベリー: 気管支炎、咳止めとして、ディフーザー経由で吸い込む

クロモジ: 正プラス株式会社(yuicaの製造販売元)によって、現在、複数の機関で効能の調査中・・・ですが、

抗菌・抗ウィルス作用や免疫力を高める働きがあるとされ、風邪やインフルエンザ予防にも期待されています。呼吸器系の不調にも改善効果が期待されています。

精油の使い方・4種のレシピ

精油には様々な使用方法がありますが、ここでは、免疫力アップのための4種類のレシピをご紹介します。

1.直接、香りをかぐ

薄めることなく、直接香りをかぐと、特に、鼻づまりの解消に効果があります。

材料:

  • ローズマリー精油 6滴
  • ヘリクリサム精油 4滴

作り方と使用法:

遮光性のガラスの小瓶に、上記2つの精油を入れ、瓶を振ってよく混ぜます。鼻先に瓶を近づけ、1日に3-4回、鼻から深く香りを吸いこみます。

2.ミストスプレーで部屋を浄化

材料:

  • 浄水 120ml
  • シナモンリーフ精油 10滴
  • ローズマリー精油 10滴
  • レモン精油 10滴
  • ユーカリプタス・グロブラス 10滴

作り方と使用法:

スプレーボトルに浄水と精油を入れ、ボトルをよく振って混ぜます。部屋全体にスプレーします。

注意: 肌に直接つけないように。また、目に入らないように気をつけてください。

3.ハンカチ/ティシュを使った直接吸引

材料:

お好みの精油 2-3滴

作り方と使用法:

精油をハンカチあるいはティシュに落とし、手のひらに載せ、2-3回、鼻から香りを吸いこみます。1日に2回行います。

4.蒸気吸引

材料:

  • お好みの精油 2-3滴
  • 湯気が上がっているお湯 2カップ

作り方と使用法:

タライに湯気があがっている熱いお湯を入れ、そこに精油を垂らします。頭をタオルで覆い、タライの真上に顔を置きます。心地よい距離で鼻から香りを吸いこみます。口から息を吐きます。目は閉じていてください。

精油を使用する際の注意

精油を使う時には、次のことに注意をしてくださいね。

  • 妊婦さんと医薬品の処方を受けている人は、精油を使用する前に医師に相談してください。
  • 子供、老人、妊婦さんは、2%未満に薄めてから精油を使用するようにしてください。
  • 喚起の良い場所で使用してください。
  • 子供やペットが精油にふれない場所に保管してください。
  • 精油ボトルは、酸化や劣化を防ぐために、しっかりと蓋を締めてください。
  • 精油を使用する前に、腕の内側などに少量を塗り、アレルギーテストをしてください。
  • むやみに精油を飲んだり、薄めずに皮膚に塗ったりしないでください。

精油は、本当に効果のある成分を含んでいるからこそ、甘くみずに、慎重に扱うことを心掛けてくださいね。

 

参考:
ハーブティブレンド – 風邪予防(免疫力アップ)
肺をきれいにして気管支を強くする9つのハーブ
 

公認ホリスティック・ヘルスコーチは、食事だけでなく、あなたを取り巻く様々なこと(環境、仕事、家族、人間関係など)を考慮して、プログラムに反映させ、あなたが、なりたいあなたになれるようコーチングを提供します。

ヘルスコーチと、一度、話をしてみませんか?

ご相談のある方は、お気軽に初回コンサルテーション(無料)にお申込みください。
ホリスティック栄養学講座にご興味のある方は、こちらをご覧ください。
ソフィアウッズ・インスティテュート – ホリスティックヘルスコーチング

 

Author: Chise

森智世(もりちせ) | 公認 統合食養ヘルスコーチ(Certified Integrative Nutrition Health Coach) / ソフィアウッズ・インスティテュート代表 / 米国代替医療協会(AADP) 公認ホリスティック・ヘルスコーチ / 女子栄養大学 食生活指導士 / 国際ヘルスコーチ協会 公認国際ヘルスコーチ/ 経営学修士(MBA)| ひとりひとりのバイオ個性に着目したポストモダンでホリスティックな食事法を推奨し、マインド・ボディ・コネクション(心と体のつながり)を食を通して実現します。また、私達を取り巻くすべての環境 – 人間関係、仕事などの社会環境、自然環境、体内環境(マイクロバイオーム) – を考慮するボディ・エコロジストです。長期に渡り過ごした米国やヨーロッパの情報も、判りやすく解説を入れて配信していきます。厚生労働省「健康寿命をのばそう」プロジェクトメンバー / 目黒区男女平等共同参画審議会委員 / 日経ウーマンオンライン連載コラム『ホリスティック美女講座』執筆。食事法や健康などご相談のある方やヘルスコーチングを受けてみたい方は初回コンサルテーション(無料)にお申し込みくださいね!

Comments are closed.