食で心と体をつなぐ – ホリスティック・ヘルスコーチング の ソフィアウッズ・インスティテュート

あなたのバイオ個性に着目するNYC発ポストモダンな食事法

鎮痛成分を含む食品とアスピリン・アレルギー

1899年にサリシンと呼ばれる成分が、柳の樹皮の抽出エキスから発見されました。サリシン(Salicin)のサリ(Sali)は、ラテン語でを意味します。%e6%9f%b3

その後、このサリシンは、アセチル・サリチル酸という化合物に加工され、商品名アスピリンとして、世の中に鎮痛剤として販売されることとなりました。

アスピリンは、今も鎮痛剤(バファリンの主要成分)としてだけでなく、近年では、抗血液凝固剤として、脳卒中の発防止などにも処方されています。ただし、アスピリンは、ビタミンCを略奪する作用があるので、不必要にアスピリンを常用すると、ビタミンC欠乏になりますし、胃の内出血脳内出血を起こしますので、ご注意を。

血液をさらさらにしてくれる食べ物

サリチル酸エステル(サリシン)は、柳の皮だけでなく、他の様々な食品にも含まれていますから、お薬に頼りたくない人は、こうした食品を上手に使うと良いですね。

天然のサリチル酸エステル(サリシン)を含む食品:%e3%82%a2%e3%82%b9%e3%83%94%e3%83%aa%e3%83%b3

また、野菜と果物は、一般的に、未完熟の状態の時、サリチル酸エステル含有量が多いです。

サリシンの抗がん作用

食物に含まれているサリシンには、癌の血管新生(がん細胞が栄養を搾取するために作る新たな血管)を抑制する効果があることが報告されています。

食べることで癌を餓死させる方法

サリシンの多い食品を見ると、面白いことに、別の理由(例えば、ベリー類はエラグ酸レスベラトール、アブラナ科のお野菜はスルフォラファン、ウリ科のお野菜はククルビタシン、他の果物はクロロゲン酸ビタミンCなどなど)で、抗がん作用があると言われている食品の顔が多くみられますね。サリシンは、こういった成分と親和性?共存性?があるのでしょうか。。

理由はともあれ、サリシンの多い食品は、抗がん作用のある成分を複数含んでいる食品でもあるってことですね。素敵。

アスピリン・アレルギー

近年、アスピリンにアレルギーをもっている人が、多くなっていると聞いています。

アスピリンは、元々は、サリシン(サリチル酸エステル)です。
しかし、そのままでは商品にならないので、このサリチル酸エステルに、アセチル基を付与して創られた化合物(アセチル・サリチル酸)です。

そのため、アスピリンにアレルギーがある人は、

  • このアセチル基にアレルギー反応を起こしている人と、
  • サリチル酸エステルサリシン)そのものにアレルギーをもっている人と

に分かれます。

アセチル基に対してアレルギーを持っている人

自然食品中のサリチル酸エステルは、アセチル基と結びついてはいませんから、アスピリンの代りに、上記した食品群を食べることで、アレルギー反応を起こすことなく、鎮痛効果が期待できます。

また、他の医薬品を選ぶ際にも、アセチル基を含んだ製剤を避けるようにすると良いかもしれませんね。

サリチル酸エステル(サリシン)にアレルギーをもっている人

上記した食品群にもアレルギー反応が起こるのではないですか?

アスピリンにアレルギーがある人で、上記した食品に対しても何等かのアレルギー反応がでるという方は、たぶん、サリチル酸エステルそのものに対して反応していると考えられます。

上に列挙した、食品群には、特に共通点が少ないことから、頭痛、喘息、下痢、腹痛、発疹などのアレルギー反応が現れても、それがサリチル酸エステル・アレルギーだと気が付かないことがほとんどのため、様々な原因不明の不調となっていることもあります。

鎮痛剤を選ぶ際には、サリチル酸を含む成分全般を避け、サリチル酸ベースではない鎮痛剤を選ぶようにすると良いかもしれませんね。

 

公認ホリスティック・ヘルスコーチは、食事だけでなく、あなたを取り巻く様々なこと(環境、仕事、家族、人間関係など)を考慮して、プログラムに反映させ、あなたが、なりたいあなたになれるようコーチングを提供します。

ヘルスコーチと、一度、話をしてみませんか?

ご相談のある方は、お気軽に初回コンサルテーション(無料)にお申込みください。
ホリスティック栄養学講座にご興味のある方は、こちらをご覧ください。
ソフィアウッズ・インスティテュート – ホリスティックヘルスコーチング

 

参考文献:
Salicin, an extract from white willow bark, inhibits angiogenesis by blocking the ROS-ERK pathways”, Kong CS, Kim KH, Choi JS, Kim JE, Park C, Jeong JW, Phytother Res. 2014 Aug;28(8):1246-51. doi: 10.1002/ptr.5126. Epub 2014 Feb 17.

Author: Chise

森智世(もりちせ) | 公認 統合食養ヘルスコーチ(Certified Integrative Nutrition Health Coach) / ソフィアウッズ・インスティテュート代表 / 米国代替医療協会(AADP) 公認ホリスティック・ヘルスコーチ / 女子栄養大学 食生活指導士 / 国際ヘルスコーチ協会 公認国際ヘルスコーチ/ 経営学修士(MBA)| ひとりひとりのバイオ個性に着目したポストモダンでホリスティックな食事法を推奨し、マインド・ボディ・コネクション(心と体のつながり)を食を通して実現します。また、私達を取り巻くすべての環境 - 人間関係、仕事などの社会環境、自然環境、体内環境(マイクロバイオーム) - を考慮するボディ・エコロジストです。長期に渡り過ごした米国やヨーロッパの情報も、判りやすく解説を入れて配信していきます。厚生労働省「健康寿命をのばそう」プロジェクトメンバー / 目黒区男女平等共同参画審議会委員 / 日経ウーマンオンライン連載コラム『ホリスティック美女講座』執筆。食事法や健康などご相談のある方やヘルスコーチングを受けてみたい方は初回コンサルテーション(無料)にお申し込みくださいね!

Comments are closed.