ソフィアウッズ・インスティテュートの公式ブログ「図書室」

バイオ個性で食べて健康と幸せを手に入れるホリスティック栄養学ヘルスコーチ

更年期症状やPMS症状緩和のために処方される女性ホルモン剤でビタミンB6欠乏症やうつになる可能性

ピル

バイオ個性で食べて、心と体をつなぎ、健康と幸せを手に入れるホリスティックな食事法をコーチングする、ソフィアウッズ・インスティテュート代表 公認統合食養ヘルスコーチ(CINHC)、公認国際ヘルスコーチ(CIHC)の森ちせです。

心と体をつなぐホリスティックな食事法について、
ニュースレター登録者限定のキャンペーン情報等も配信しています。
ご登録は、こちらから
もれなく統合食養ホリスティック栄養学冊子が無料ダウンロードできます

Nutritional Concerns of Womenに掲載された論文からご紹介します。

経口避妊薬(ピル)を服用している方は、いらっしゃいますか?

避妊目的ではなく、生理痛やPMSの緩和のために処方していただいている方もいらっしゃるのではないでしょうか。あるいは、更年期症状の緩和のために女性ホルモンの充填療法を受けていらっしゃる方もいるでしょう。

以前から、ピルの服用が、ビタミンB6に影響を与えると懸念されていました。

トリプトファン代謝経路の異常

必須アミノ酸のひとつトリプトファンを代謝する体内経路での異常が、様々な「エストロゲン-プロゲステロン」併用型避妊薬を摂取している女性で観察されています。

女性ホルモンのエストロゲンは、直接的に、あるいは副腎皮質経由で間接的に、通常よりも多くのトリプトファンナイアシン合成に誘導してしまうことが判っています。

なぜ、誘導してしまうのかについての機序は、未だ不明です。

トリプトファンからナイアシンを体内合成する際に、ビタミンB6が触媒として使用されます。

つまり、必要以上のナイアシンが合成されるということは、それだけ必要以上のビタミンB6が触媒として使われるということで、結果として、ビタミンB6欠乏症が体内で起きます。

ビタミンB6欠乏症

次のような症状があります。

  • 虫歯
  • 肌のハリが失われたり、抜け毛が多くなったりの、老化症状
  • 脂肪肝、肝硬変、コレステロール血症、動脈硬化
  • 糖尿病
  • 運動中や睡眠中のケイレン、神経障害、神経衰弱、錯乱

ビタミンB6については、『ビタミンB6の作用と多く含む食品』をご覧ください。

うつ症状の間接的な原因に

トリプトファンは、幸福ホルモンであるセロトニンの材料でもあります。

そのトリプトファンがセロトニンの合成ではなく、ナイアシンの合成に使われてしまうことで、ピルを服用している女性やエストロゲンの充填療法を受けている更年期の女性のうつ症状を悪化させてしまう可能性も示唆されています。

ピルを含む女性ホルモン充填療法を受けている女性へ

ピルを含め、エストロゲンを含む女性ホルモン薬を服用している人、つまり、女性ホルモンのバランスを人為的に調整しようとしている場合は、

  • 意識的にビタミンB6の多い食品(ナッツ&シーズ)を生活の中に摂り入れるようにしてくださいね。
  • また、当然のことながら、トリプトファンの多い食品(お豆、魚、豚肉、鶏肉)も食べるようにすることをお勧めします。

参考:

公認ホリスティック・ヘルスコーチは、食事だけでなく、あなたを取り巻く様々なこと(環境、仕事、家族、人間関係など)を考慮して、プログラムに反映させ、あなたが、なりたいあなたになれるようコーチングを提供します。

ヘルスコーチと、一度、話をしてみませんか?

プライベート・ヘルスコーチング・プログラムについて
お気軽にご相談ください。
初回相談を無料でお受けしています。

心と体をつないで健康と幸せを手に入れる
ニュースレターのご登録は、こちらから
統合食養(ホリスティック栄養)学冊子が無料ダウンロードできます

統合食養(ホリスティック栄養)学講座の受講は、下のボタンから

ソフィアウッズ・インスティテュート – ホリスティックヘルスコーチング

Author: Chise

森智世(もりちせ) | 公認 統合食養ヘルスコーチ(Certified Integrative Nutrition Health Coach) / ソフィアウッズ・インスティテュート代表 / 米国代替医療協会(AADP) 公認ホリスティック・ヘルスコーチ / 女子栄養大学 食生活指導士 / 国際ヘルスコーチ協会 公認国際ヘルスコーチ/ 経営学修士(MBA)| ひとりひとりのバイオ個性に着目したポストモダンでホリスティックな食事法を推奨し、マインド・ボディ・コネクション(心と体のつながり)を食を通して実現します。また、私達を取り巻くすべての環境 - 人間関係、仕事などの社会環境、自然環境、体内環境(マイクロバイオーム) - を考慮するボディ・エコロジストです。長期に渡り過ごした米国やヨーロッパの情報も、判りやすく解説を入れて配信していきます。厚生労働省「健康寿命をのばそう」プロジェクトメンバー / 目黒区男女平等共同参画審議会委員 / 日経ウーマンオンライン連載コラム『ホリスティック美女講座』執筆。食事法や健康などご相談のある方やヘルスコーチングを受けてみたい方は初回コンサルテーション(無料)にお申し込みくださいね!

Comments are closed.