ソフィアウッズ・インスティテュートの公式ブログ「図書室」

健康と幸せを手に入れるホリスティック・ヘルスコーチの食事法

花粉症/季節アレルギーを緩和する統合食養学的アプローチ

バイオ個性で食べて、心と体をつなぎ、健康と幸せを手に入れるホリスティックな食事法をコーチングする、ソフィアウッズ・インスティテュート代表 公認統合食養ヘルスコーチ(CINHC)、公認国際ヘルスコーチ(CIHC)の森ちせです。

心と体をつなぐホリスティックな食事法について、
ニュースレター登録者限定のキャンペーン情報等も配信しています。
ご登録は、こちらから
もれなく統合食養ホリスティック栄養学冊子が無料ダウンロードできます

花粉症がありますか?

花粉症に限らずアレルギーを持っていると辛いですよね。

私も長い間、様々なアレルギーに悩まされてきました。このブログを初めて書いた2014年2月、私は次のように書いています。

「食事を変えていくうちに、次第にアレルギー症状が出なくなっています。花粉症は、まだありますが、でも、薬を飲まなくても過ごせるくらいまでになりました。」

また、次のようにも書いています。

「私のアレルギーが改善したのは、腸内の環境をリセットしてからだと思います。根本的なアレルギーの解消には、腸との良い関係を築きなおすことが大切だと思いますが、それは、長期プロジェクトとして取り組んでいただきたいと思います。」

実は、このブログの見直しをしている今現在2020年2月の私にアレルギーは一切ありません(イエーィ!)

腸内環境を整える以外に私がいったい何をしたのか、偶然見つけた研究論文から生まれた魔法の食品のレシピなど、ソフィアウッズ・インスティテュートのマインド・ボディ・メディシン講座セルフドクターコースの中でお伝えしています。

ご関心ある方は是非、講座へいらして下さいね。アレルギーのレクチャーはコースにお申し込みにならなくても、単発で受けられますよ。

ここでは、花粉症を治すという観点からではなく、症状を和らげてくれる食品について、食品機能の観点からと東洋医学の観点から、統合食養学的なアプローチとして紹介します。

食品機能からアプローチ

アレルギーと戦う食品

これらの食品のもっている機能が栄養学的にも科学的にもアレルギー症状の改善に効果があると考えられています。

りんご

りんごの特にその皮には、ケルセチンが豊富に含まれています。

ケルセチンは、天然の抗ヒスタミン作用と抗炎症作用のあるフラボノイドです。

ヒスタミンは私達にアレルギー反応を起こす物質ですが、試験管実験では、免疫細胞がヒスタミンを放出することをケルセチンが抑制したことが観察されています。

まだ、試験管実験の段階ですが、ケルセチンには、鼻水、涙目、かゆみ、顔や唇の腫れなどのアレルギー反応を緩和させてくれる可能性があるのです。

りんごの他にも、ケルセチンは、柑橘系フルーツや玉ねぎ、赤ワインやブルーベリーなどにも含まれています。

ぶどう

春先のアレルギーの緩和のためには、地中海風の食事が、効果があるという報告があります。

ジャーナル・ソーラックスに掲載された論文には、ぶどう、オレンジ、りんご、生トマト、などクレタ島の伝統的な食品を多く食べさせた子供達の鼻づまりや鼻炎が軽減されたと記載されています。

その他にも、魚、果物、野菜とナッツの多い食事をしている人達には、アレルギー症状が少ないことも指摘されています。

柑橘系フルーツ

500mg以上のビタミンCがアレルギー症状の改善に良いという報告があります。

サプリメントからではなく、オレンジ、グレープフルーツ、レモン、ライムなどの自然食品から摂りましょう。

ナッツ

抗酸化物質オメガ3不飽和脂肪酸の多い食品をたくさん食べることで季節性のアレルギーによる鼻と喉の炎症を改善できるとする報告があります。

ナッツは良い例です。

最適なおやつですし、マグネシウムとビタミンEも豊富です。

マグネシウムは喘息につながる喉の炎症を予防し、ビタミンEは、免疫機能を強化するだけでなく、細胞をダメージや炎症から守ってくれます。

特に、木になるナッツ、クルミやピーカンが最適です。

秋はナッツが美味しい季節!それぞれのナッツの個性を教えます

ブロッコリー

ブロッコリーは、抗ヒスタミン剤として働きます。

ブロッコリーにはアレルギー症状を緩和するビタミンCが豊富に含まれています。ビタミンCを1日に500mg以上摂ることでアレルギー症状を緩和できるとする研究報告があります。

生のブロッコリーには、100gあたり、120mgのビタミンCが含まれています。

アブラナ科の野菜(小松菜など)

カロテンに代表されるファイトケミカルはアレルギー症状を緩和してくれます。

カロテンの吸収を高めるためには油分といっしょに食べることです。オリーブオイルなどの良質なオメガ3不飽和脂肪酸といっしょに食べる工夫をしてみてくださいね。

鮭/サーモン

オメガ3不飽和脂肪酸を豊富に含む魚は、アレルギー症状や喘息のような症状を緩和してくれると欧州を中心とする研究者グループによって報告されています。

オメガ3不飽和脂肪酸は、抗炎症作用があり、私達の免疫機能を強化することが知られています。

もし免疫機能が良好であれば、花粉は気にならないはずだとも言われています。免疫機能が弱っているからこそ、花粉に対して過剰な防衛反応を体がしてしまうのだと説明されています。

玉ねぎとガーリック

りんごと同様に、抗ヒスタミン作用のあるケルセチンが玉ねぎとガーリックに豊富に詰め込まれています。

東洋医学の薬膳のアプローチ

東洋医学では、体の免疫機能を「正気」と呼びます。

そして、花粉などのアレルゲンやインフルエンザのウィルスや食中毒の菌などは、外部から侵入する「外邪(がいじゃ)」と呼びます。

「正気」と「外邪」がせめぎ合って、「正気」が勝っている状態が健康で、「外邪」が勝れば病気になります。

「正気」を弱める原因は、気虚、血虚、陰虚

気虚は、気が足りない状態です。文字通り、元気がない、気力がない状態です。

血虚は、血が足りない状態のことですが、どちらかというと栄養状態が悪いことを意味します。

陰虚というのは、水が足りない状態のことですが、病気が進んで血虚がひどくなると起こります。体の水分が干からびてくるので、熱を帯びたような状態になり、一見、元気があるように見えますが、見かけだけです。イライラや不眠などの症状が現れてきます。

「正気」が弱い状態にある時に、花粉など一時的に「外邪」が多くなれば、アレルギーが起きると考えられています。

まずは、「気」を補う食事から始めましょう

東洋医学が勧める食品は、体質改善効果が期待できます。花粉がひどくなる前から、食事に取り入れるといいですね。

ただ、統合食養学(ホリスティック栄養学)は、万人に効果のある食品はないと考えますから、いろいろ試してみて、体の声を聴いて、「私にはこれっ!」というものを見つけてくださいね。

ここでは、鼻と目の症状別に東洋医学で効くと言われている食品をご紹介します。

花粉症に効く食品-東洋医学
  • 鼻の症状については、あなたが冷え症なのか、暑がりなのかによって、食べてほしい食品が異なります。
  • 目の症状は熱を取る作用のある食品です。
  • 真ん中に「共通」として囲まれている食品は、鼻にも目にも、冷え症の人にも暑がりの人にも効果のある食品です。

参考:

公認ホリスティック・ヘルスコーチは、食事だけでなく、あなたを取り巻く様々なこと(環境、仕事、家族、人間関係など)を考慮して、プログラムに反映させ、あなたが、なりたいあなたになれるようコーチングを提供します。

ヘルスコーチと、一度、話をしてみませんか?

プライベート・ヘルスコーチング・プログラムについて
お気軽にご相談ください。
初回相談を無料でお受けしています。

心と体をつないで健康と幸せを手に入れる
ニュースレターのご登録は、こちらから
統合食養(ホリスティック栄養)学冊子が無料ダウンロードできます

統合食養(ホリスティック栄養)学講座の受講は、下のボタンから

ソフィアウッズ・インスティテュート – ホリスティックヘルスコーチング

Author: Chise

森智世(もりちせ) | 公認 統合食養ヘルスコーチ(Certified Integrative Nutrition Health Coach) / ソフィアウッズ・インスティテュート代表 / 米国代替医療協会(AADP) 公認ホリスティック・ヘルスコーチ / 女子栄養大学 食生活指導士 / 国際ヘルスコーチ協会 公認国際ヘルスコーチ/ 経営学修士(MBA)| ひとりひとりのバイオ個性に着目したポストモダンでホリスティックな食事法を推奨し、マインド・ボディ・コネクション(心と体のつながり)を食を通して実現します。また、私達を取り巻くすべての環境 - 人間関係、仕事などの社会環境、自然環境、体内環境(マイクロバイオーム) - を考慮するボディ・エコロジストです。長期に渡り過ごした米国やヨーロッパの情報も、判りやすく解説を入れて配信していきます。厚生労働省「健康寿命をのばそう」プロジェクトメンバー / 目黒区男女平等共同参画審議会委員 / 日経ウーマンオンライン連載コラム『ホリスティック美女講座』執筆。食事法や健康などご相談のある方やヘルスコーチングを受けてみたい方は初回コンサルテーション(無料)にお申し込みくださいね!

Comments are closed.