食で心と体をつなぐ – ホリスティック・ヘルスコーチング の ソフィアウッズ・インスティテュート

あなたのバイオ個性に着目するNYC発ポストモダンな食事法

乳がんを予防する10の戦略

10月は、世界的にも乳がん予防月間です。

そこで、私が代替医療/統合食養の資格を取得したNYCの学校の先生のおひとりでもあり、このブログでもしばしばご紹介している予防医学の権威、ジョエル・ファーマン医学博士がご自身のブログで執筆された乳がん予防策を、2回に渡って、和訳要約してお伝えします。

ファーマン博士は多くの参考文献をつけてくださっていますので、裏付けとなっている研究論文にご興味がある方は、ファーマン博士のブログにて、直接ご確認ください。ここでは割愛します。乳がん

—————-
乳がんは、女性に多く発症するがんで、女性の死亡原因の第二位に挙がります。乳がんには異なる種類があり、それぞれ、多くの要因が関係した複雑な病気です。

しかし幸運なことに、乳がんや他のがんの発症リスクや心疾患や他の病気の発症リスクを最小限に抑えることができ、私達がコントロールし管理できる環境要因があります。

次に述べる10の戦略を実行することは、乳がんだけでなく、他の病気からもあなたを守ることにつながります。

1) 緑の野菜、キノコ、タマネギをたくさん食べる

G-BOMBS(G-ボム:緑の爆弾)となる高栄養価の食事をすることが大切です。緑の野菜とキノコは、最も乳がん予防として効果がある食品です。

単なるベジタリアン食ではなく、緑の野菜豆類キノコ類タマネギベリー類ナッツシーズを中心とした食事が、乳がん予防に効果があります。

植物性化学栄養素(ファイトケミカル)の濃さと種類の多さが、がん予防にドラマチックなくらいの予防効果を生むのです。

野菜と果物は、乳がんリスクの低減と、乳がん予後の生存率上昇の要因と常に関連づけられてきました。

  • アブラナ科の野菜は、乳がん細胞の成長を止め、エストロゲンの排泄を促す強力な抗がん成分を含んでいます。
  • キノコ類は、腫瘍の成長をブロックし、エストロゲン作用があります。一日に1つのマッシュルームを継続して食べ続けるだけで、50-70%の乳がんリスクが低下します。
  • タマネギガーリックの含硫成分(硫黄)は、発がん成分をデトックスすることで、がんの成長を抑制し、がん細胞の成長を止め、血管新生(がん細胞に栄養を補給するための新しい血管の発生)を阻止します。

乳がん予防に効く野菜
食べることで癌を餓死させる方法
あなたが知るべき大豆と乳がんの関係

2) 大さじ1杯のフラックス(亜麻仁)シードまたはチアシード

亜麻仁とチアシードには、リグナンが豊富に含まれています。リグナンは、エストロゲン作用のあるファイトケミカルで、乳腫瘍細胞の成長を阻害します。

また、他のナッツシーズも積極的に食べましょう。ナッツやシーズには、DHAEPAが豊富に含まれています。オメガ3不飽和脂肪酸が発がんリスクを低減させることは広く知られていますが、オメガ3の一種であるEPAは、抗炎症作用があり、DHAには腫瘍の血管新生と腫瘍細胞の成長をブロックすることが判明しています。

チアシードを和食に活用する方法とチアシードを食べると危険な人

3) 動物性タンパク質を減らす

動物性タンパク質、特に、乳タンパク質乳製品)の摂取は、インシュリン様成長因子(IGF-1)の血中濃度を高めます。IGF-1の上昇は、乳がんリスクの上昇との関係が多くの研究によって示されています。

養殖魚)についても、食べ過ぎると、乳がんリスクが上昇するとの関係性が報告されています。

農薬やダイオキシンなどの産業発がん物質は、脂肪細胞に蓄積されていきます。そうした発がん性物質への接触の多くは、肉類(含:鶏肉)、魚(養殖魚)、乳製品からです。

ソフィアウッズ・インスティテュート補足:

多くの食用に飼育された動物(牛・豚・鶏・魚など)は、抗生物質、抗菌剤、成長ホルモン剤などが投与されて育ちます。また、家畜の飼料には遺伝子組換えされたトウモロコシや大豆などが安価なので使われます。化学物質は食肉の細胞内に残留しており、1品ずつでは微量であっても、何十年も食べ続ければ、人体に様々な不都合を生じます。最近では、抗生物質や抗菌剤・ホルモン剤や遺伝子組換え飼料などを与えられずに育った動物のお肉、卵、魚なども販売されていますので、賢く選択していくことが大切だと思います。 例えば『土用の丑の日に無投薬の鰻はいかが?

お野菜については、自然栽培(無農薬・無肥料)のお野菜が購入できますので、できるだけ通常栽培のものを避けることで、残留農薬による影響を避けることができると思います。果物の中には、農薬だけでなく、成長ホルモン剤を投与されて育つものもあるんですよ。(例:キウイ)

化学物質が細胞内に蓄積される仕組みについては、『メロンは苦い方が良い?』のリソソームについての記載を参考にしてくださいね。

4) 揚げ物や高温調理された肉を食べない

料理は、蒸す炒めるスープにするくらいに留めることが重要です。水分を用いず高温による調理は、発がん性物質であるアクリルアミドヘテロサイクリックアミンを発生させます。

  • アクリルアミド: じゃが芋などデンプンをもつ食品を高温調理することで発生します。ポテトチップスやフレンチフライなど
  • ヘテロサイクリックアミン: 赤肉(獣肉)を高温調理することで発生します。BBQやステーキなど
  • 鶏肉(白肉)を高温調理すること(例えば、から揚げやフライドチキンなど)でも、PhiPと呼ばれるヘテロサイクリックアミンが発生することが知られています。これは、発 乳がん物質です。

ソフィアウッズ・インスティテュート補足:

PhiPによる乳がん細胞の成長を緑茶(1日3杯以上)が抑制させたという研究報告があります。ただ、緑茶の効果については追跡調査の完全性が低く、不明な点も多いと研究者は述べています。

また、ガーリックなどに含まれている二酸化アリル(含硫成分、ニンニク臭の元)といっしょに、高温調理された焼肉を食べることで、PhiPが体内で有害成分を発生することが抑制されたという研究報告があり、研究者は、二酸化アリルはPhiP由来の乳がんの発症を予防すると結論づけています。焼肉はニンニクといっしょにですね。

危ないとは?WHOによる赤肉と加工肉への評価について

5) 合成された葉酸(Folic Acid、フォリック・アシッド)を避ける

合成葉酸(フォリック・アシッド)が含まれているサプリメントを飲まないように。また、合成葉酸(フォリック・アシッド)が添加されている栄養強化食品を食べないように。

合成葉酸は、乳がんリスクを上昇させることが報告されています。一方で、自然食品に含まれている天然葉酸(Folate、フォレイト)は、乳がんリスクを減少させます。

葉酸には2種類あるって知ってますか?

つづきの 戦略6~10はこちら


ここで示された戦略はどれかひとつクリアしていれば、それでOKというものでは決してありません

累積で効果があるものです。

生活の中に、人生の中に、取入れた項目が多いほど、リスク低減効果が高まります。

 

『がん予防になる野菜の食べ方 – 野菜の力を正しく引き出す調理と食事法』について、マインド・ボディ・メディシン講座で学べますよ!

公認ホリスティック・ヘルスコーチは、食事だけでなく、あなたを取り巻く様々なこと(環境、仕事、家族、人間関係など)を考慮して、プログラムに反映させ、あなたが、なりたいあなたになれるようコーチングを提供します。

ヘルスコーチと、一度、話をしてみませんか?

ご相談のある方は、お気軽に初回コンサルテーション(無料)にお申込みください。
ホリスティック栄養学講座にご興味のある方は、こちらをご覧ください。
ソフィアウッズ・インスティテュート – ホリスティックヘルスコーチング

 

原典: “Ten Strategies for Preventing Breast Cancer”, Dr. Fuhrman

参考: 『乳がんの自己検診方法

参考文献:

 

Author: Chise

森智世(もりちせ) | 公認 統合食養ヘルスコーチ(Certified Integrative Nutrition Health Coach) / ソフィアウッズ・インスティテュート代表 / 米国代替医療協会(AADP) 公認ホリスティック・ヘルスコーチ / 女子栄養大学 食生活指導士 / 国際ヘルスコーチ協会 公認国際ヘルスコーチ/ 経営学修士(MBA)| ひとりひとりのバイオ個性に着目したポストモダンでホリスティックな食事法を推奨し、マインド・ボディ・コネクション(心と体のつながり)を食を通して実現します。また、私達を取り巻くすべての環境 - 人間関係、仕事などの社会環境、自然環境、体内環境(マイクロバイオーム) - を考慮するボディ・エコロジストです。長期に渡り過ごした米国やヨーロッパの情報も、判りやすく解説を入れて配信していきます。厚生労働省「健康寿命をのばそう」プロジェクトメンバー / 目黒区男女平等共同参画審議会委員 / 日経ウーマンオンライン連載コラム『ホリスティック美女講座』執筆。食事法や健康などご相談のある方やヘルスコーチングを受けてみたい方は初回コンサルテーション(無料)にお申し込みくださいね!

Comments are closed.