ソフィアウッズ・インスティテュートの公式ブログ「図書室」

バイオ個性で食べて健康と幸せを手に入れるホリスティック栄養学ヘルスコーチ

最近、夜、眠れていますか?睡眠ホルモンのメラトニンを含むハーブと食品

バイオ個性で食べて、心と体をつなぎ、健康と幸せを手に入れるホリスティックな食事法をコーチングする、ソフィアウッズ・インスティテュート代表 公認統合食養ヘルスコーチ(CINHC)、公認国際ヘルスコーチ(CIHC)の森ちせです。

心と体をつなぐホリスティックな食事法について、
ニュースレター登録者限定のキャンペーン情報等も配信しています。
ご登録は、こちらから
もれなく統合食養学ホリスティック栄養学冊子が無料ダウンロードできます

眠れない原因別対処法

最近、夜よく眠れていますか?

夜よく眠れない、寝つきが悪い、眠りが浅いなどの原因には様々なものがあります。

今まで、ソフィアウッズ・インスティテュートのブログでご紹介した不眠に関する記事は次の通りです。原因別の対処法をお伝えしていますので、思い当たるものがあれば、ご一読くださいね。

今回は、あなたが眠れない理由がなんであれ、睡眠薬のようにあなたが眠れるようにしてくれる成分を含んでいる食品についてご紹介します。

体内リズムと関係しているホルモン

私達を眠りにいざなう作用を持っているホルモンは、脳の松果体から分泌されるメラトニンという神経伝達物質です。目覚めの作用をもつホルモンのセロトニンも松果体から分泌されますが、両方ともインドラミンと呼ばれる神経伝達物質のグループに属しています。

このグループのホルモンは、次の様な多くの生物学的機能と関連しています

  • 概日リズム(体内時計)の調節
  • 季節リズムの調節
  • 睡眠と覚醒など

腸内細菌と季節との関係についてはセルフドクターコースで教えていますが、それには睡眠も重要な役割を果たしているということですね。

メラトニンの様々な機能

セロトニンが別名幸福ホルモンと呼ばれ、私達の幸福感や情緒に多方面に渡って影響を与えている様に、メラトニンも、私達を眠らせる以外に様々な作用、例えば、情緒の安定、骨代謝、体温調節などに関与しています。特に、メラトニンには抗酸化作用や抗がん作用があり、生殖生理学機能と関係していることが近年確認されています。

メラトニンは性ホルモンの働きに関与している

メラトニンは、性腺ステロイド(性ホルモン)の産生に関与しています。

そして、精子の形成や女性ホルモン(エストロゲンとプロゲステロン)の産生を調節する複数の伝達経路に影響を与えていることが確認されています。

メラトニンの正常な分泌のリズムは次の様な重要な役割を果たしていることも報告されています。

女性は年齢を問わず、しっかりと眠ることが健やかな人生を送るために不可欠なことの様ですね。なお、思春期の若者がしっかりと眠ることの大切さについては『若者は睡眠不足になるほど攻撃的になる』をご参照ください。

私達を眠らせるためにメラトニンは生まれた

最近では、メラトニンは免疫機能の一部で、免疫細胞がベストな状態で働くために、脳を眠らせる必要があったために造られたホルモンではないかと考えられるようになっています。

確かに、細胞修復や老廃物の代謝や排出は、主に眠っている間に行われます。女性は一度は聞いたことのある「ビューティスリープ」という言葉の通り、お肌の再生に欠かせない成長ホルモンは睡眠中にしか分泌されません。

詳しい睡眠の必要性や重要性についても、以前、記事にしていますので以下をご参照ください。

メラトニンの強力な抗酸化作用

メラトニンは、ミトコンドリアの中に高濃度に存在しています

それだけでなく、ミトコンドリアは積極的にメラトニンを素早く取り込める独自のトランスポーターをもっていることも発見されています。更に、ミトコンドリア自身もメラトニンを合成できることを示すデータが近年蓄積されています。

理由は、メラトニンの強力な抗酸化作用です。

体内で活性酸素を造り出すのはミトコンドリアです。メラトニンは、ミトコンドリアで発生した活性酸素を直接的にも間接的にも解毒/除去して、酸化ストレスを軽減してくれているのです。

例えば、活性酸素と活性窒素種を直接除去するだけでなく、酸化促進酵素の活性を抑制し、有毒なヒドロキシルラジカルの形成を減らし、抗酸化酵素を刺激することで間接的にも活性酸素を除去する働きをしています。

メラトニンによって改善される疾患

メラトニンの抗酸化作用は、具体的には次のような疾患に効果があることが認められています。

  • 脳卒中/心臓発作|特に脳と心臓機能に関する疾患予防の研究で効果
  • がんの治療への感受性|治療抵抗性のあるがんの感受性を高める
  • 加齢性疾患|老化した細胞の酸化ストレス軽減
  • 薬物の解毒|処方薬の乱用やメタンフェタミンなどの薬物乱用による毒性の軽減
  • 細胞/組織機能|炎症や細胞死などによる機能不全の回復に効果

また、腎臓や肝臓の機能に異常がある人の体内のメラトニン濃度は、健常者と異なることが報告されています。腎臓や肝臓を健康に保つことも大切ですね。

毎晩、しっかりと眠るだけで様々な大きな病気の予防になっていると考えたら、あらためて、ちゃんと眠らないとと思います。

メラトニンの効果/機能を妨げるもの

飲酒

それは、アルコールです。

眠れないからと言って、アルコールを飲んで酔った勢いで眠るという人もいるようですが、逆効果です。

アルコールは、メラトニンの作用を阻害してしまうので、飲めば飲むほど、自然な睡眠導入ができなくなってしまいます。

酔いによる眠りは、正常な睡眠サイクルを発生させないため、脳の疲労や体の細胞の再生にはあまり役に立ちません。

LEDブルーライト

スマホやPCなどの電子機器に用いられているLEDの青色の光が松果体を刺激し、メラトニンの分泌を妨げることが判っています。

ハーバード大学医学部は、夜間に青色光を見ることで、体内時計が狂い、性ホルモン系のがん(乳がんや前立腺がんなど)や糖尿病、心臓病、肥満などの生活習慣病の発症リスクが高くなる可能性について言及しています。

加齢

松果体は加齢に伴い石灰化していきます。松果体が石灰化すれば、ホルモンの分泌能力も低下します。

だから、50代以降になると、次第に睡眠が困難になっていくのです。

メラトニン製剤/サプリメントの危険性

薬食同源

メラトニンを自前で作る方法

続きは「限定公開記事」でお読みいただけます。

「心と体をつないで健康と幸せを手に入れるニュースレター」
に、ご登録いただくと
「限定公開記事」へのリンクがついたメールをお送りします。

ソフィアウッズ・インスティテュートからのアドバイス

ソフィアウッズ・インスティテュートのマインド・ボディ・メディシン講座セルフドクターコースでは、あなたが食を通してご自身の主治医(セルフドクター)になるために、必要な知識とスキルを教えています。

セルフドクターコースのレクチャーには、ストレスと仲良くなる方法や幸せ体質を作る方法なども含まれます。今回お伝えした様に、幸せ体質の素となるセロトニンが十分分泌される体質を作ることで、自然な眠りが得られる体に作り変えることができます。

新学期は、毎年3月と9月です。講座でお会いしましょう。

あるいは、ヘルスコーチと、一度、話をしてみませんか?

公認ホリスティック・ヘルスコーチは、食事だけでなく、あなたを取り巻く様々なこと(環境、仕事、家族、人間関係など)を考慮して、プログラムに反映させ、あなたが、なりたいあなたになれるようコーチングを提供します。

プライベート・ヘルスコーチング・プログラムについて
お気軽にご相談ください。
初回相談を無料でお受けしています。

心と体をつないで健康と幸せを手に入れる
ニュースレターのご登録は、こちらから
統合食養学(ホリスティック栄養学)冊子が無料ダウンロードできます

ソフィアウッズ・インスティテュート – ホリスティックヘルスコーチング

Author: Chise

森智世(もりちせ) | 公認 統合食養ヘルスコーチ(Certified Integrative Nutrition Health Coach) / ソフィアウッズ・インスティテュート代表 / 米国代替医療協会(AADP) 公認ホリスティック・ヘルスコーチ / 女子栄養大学 食生活指導士 / 国際ヘルスコーチ協会 公認国際ヘルスコーチ/ 経営学修士(MBA)| ひとりひとりのバイオ個性に着目したポストモダンでホリスティックな食事法を推奨し、マインド・ボディ・コネクション(心と体のつながり)を食を通して実現します。また、私達を取り巻くすべての環境 - 人間関係、仕事などの社会環境、自然環境、体内環境(マイクロバイオーム) - を考慮するボディ・エコロジストです。長期に渡り過ごした米国やヨーロッパの情報も、判りやすく解説を入れて配信していきます。厚生労働省「健康寿命をのばそう」プロジェクトメンバー / 目黒区男女平等共同参画審議会委員 / 日経ウーマンオンライン連載コラム『ホリスティック美女講座』執筆。食事法や健康などご相談のある方やヘルスコーチングを受けてみたい方は初回コンサルテーション(無料)にお申し込みくださいね!

Comments are closed.